keiba_jockey2_black
1: : 2021/05/10(月) 08:07:32.73 _USER9
9日、中京競馬場で行われた鞍馬S(OP)は、2番人気のクリノガウディー(牡5歳、栗東・藤沢則雄厩舎)が勝利。昨年の高松宮記念(G1)で1位入線しながら降着に泣いた「幻のG1馬」が復活の勝利を挙げた。

 昨年の高松宮記念で1位入線から4着降着の憂き目に遭って以来、8戦連続で馬券圏内を外すなど、極度の不振に陥っていたクリノガウディー。管理する藤沢則雄調教師が「やっとですね、長かった」と喜んだ通り、2018年のデビュー戦以来となる待望の2勝目となった。

 その一方で、この日の鞍馬Sは見守った競馬ファンのすべてが素直に喜べるレースではなかったようだ。

「今回は高松宮記念と同じ中京1200mのレースでしたが、クリノガウディーは最後の直線でまた内に刺さってましたね。審議や降着はありませんでしたが、スギノヴォルケーノやロードアクアといった馬たちの進路を塞いでいたようにも見えます。

元々、左回りの時は内へ刺さる癖を持っている馬ですが、気を付けないと、また高松宮記念の二の舞になってしまうと思います。あと、鞍上の岩田康誠騎手のガッツポーズはいかがなものかと……」(競馬記者)



記者がそう話す通り、ゴール後にクリノガウディーを勝利に導いた岩田康騎手からは、渾身のガッツポーズが飛び出した。

 ただ、実際に審議にはならなかったものの、JRAは「最後の直線コースで内側に斜行した」として岩田康騎手に過怠金処分を下している。他馬に迷惑をかけての勝利にガッツポーズするという面でモラルやスポーツマンシップに反すると言えるが、この行為は多くのファンが不快に感じたようだ。

「岩田康騎手といえば先日、後輩の藤懸貴志騎手に返し馬の際に暴言を浴びせたとして、異例の騎乗停止処分を受けたばかり。この日から復帰となりましたが、復帰後の最初の勝利がこれでは不快に思うファンがいて当然だと思います。

騎手ですからレースを勝つことが仕事ですし、岩田康騎手が重賞レース以外でもガッツポーズをすることは有名ですが、あのレース内容でも“やってしまう”というのは、さすがに空気を読めないだけでは片づけられない人も多いでしょうね。まったく反省していないと思われても仕方ないと思います」(同)

 この岩田康騎手のガッツポーズには、ネット上の競馬ファンからもSNSや掲示板を通じて「ガッツポーズはダメだろ……」「反省の色なし」「やっぱこの騎手嫌い」といった声が続々……。中には「もうこの騎手を見たくない」「引退してほしい」「こんなに早く復帰するのは理解できない」といった厳しい声もあった。

 そんな中でいち早く反応したのが、元JRA騎手の藤田伸二氏だ。





「あんなんしてホンマにええの?」

 この日のレースを観戦していた藤田氏は、岩田康騎手のガッツポーズを受けて自身のTwitterで「呆れて言葉も無い……………」と疑問を呈すると、反省の色が見られないことに対して「悲しい奴だ…」(原文ママ)と切り捨てている

全文はソース元で
https://biz-journal.jp/gj/2021/05/post_225012.html

11: : 2021/05/10(月) 08:21:29.27
やらかしてからの反省明けだから余計に目立つわな

15: : 2021/05/10(月) 08:26:21.35
後続馬に余力があったと判断された場合は進路妨害だけどそうではなかったのだろう。
斜行は競馬あるある。

23: : 2021/05/10(月) 08:31:21.77
クリノって1勝しかしてないのに重賞ばかり出てたんだな

28: : 2021/05/10(月) 08:34:55.45
>>23
G1でアドマイヤマーズの2着、3着グランアレグリアに先着だからな

32: : 2021/05/10(月) 08:39:43.89
岩田って昔からこんなに嫌われてた?
昔はそうでもなかったと思うんだけど

43: : 2021/05/10(月) 08:50:38.10
岩田本人に直接言いにいけよ

引用元https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1620601652/