fashion_heian_kizoku_man_noushi
1: : 2021/01/31(日) 21:51:11.30
全文
https://news.yahoo.co.jp/articles/947365eef98e2ce4db3a56b88df58c3313b212b6


昭和・平成・令和と三つも元号が変われば、世の「常識」もガラリと変わり、気づけば浦島太郎状態に──。
なかでも教育現場は、そんな「新常識」のオンパレードだ。
たまには、子や孫の教科書をめくり、学校の話を聞いてみてはどうだろう。

「はだ色のクレヨン、取ってちょうだい」

東京都内在住の女性は、小学1年生の娘が学校で使うクレヨンに一本一本、「お名前シール」を貼っていた。すると、娘からは思わぬ言葉が返ってきた。

「はだ色は、ないよ」

不思議に思って「はだ色」を手に取ると、クレヨンに巻かれた紙には「うすだいだい」と印字があった。

総合文具メーカーのサクラクレパスの広報担当者が説明する。
「20年ほど前に、『多様な国籍の人が暮らす時代において、差別的だと感じる人もいる』との問題提起があり、業界全体で『はだ色』の名称は使わなくなりました」

教育現場でも、国籍や男女の垣根は消えつつある。クラス名簿は、男女混合の50音順が主流に。「蒼」や「葵」で「あおい」と読む男の子の名前も一般的で、名簿で男女の区別はつかない。

運動会も変わった。受験を控える小学6年や中学3年の保護者は、ケガで勉強に支障が出るのを嫌がる。
「名物だった組み体操のピラミッドやタワーをやめる学校は、年々増えています」(都内小学校の女性教員)


教科書も変わった。
改めて読むと、昭和世代には驚くことばかりだ。

その象徴的なものは、死後の呼称である「聖徳太子」から、「厩戸王(うまやとおう)」への変更だろう。

10人の言葉を一度に聞き分け、十七条憲法を制定したり、巨大帝国だった隋を相手に“対等外交”を主導したりしたスーパーヒーローだ。

『逆転した日本史』などの著書がある歴史研究家、河合敦氏が話す。
「小中学校の教科書は、学習指導要領の関係から聖徳太子の名称とともにヒーローのままですが、近年の高校の教科書は、政治の主役は推古天皇で、厩戸王(聖徳太子)はその協力者に変わっていた」

歴史上の人物の肖像画の「別人説」も次々に浮上している。

旧1万円札の肖像でおなじみだった聖徳太子像。原画となった宮内庁所蔵の「唐本御影」肖像画もその一つだ。
「高校の教科書から件(くだん)の肖像画は消え、中学の歴史教科書では、『聖徳太子と伝えられる肖像画』と、自信なさそうな表現に変わりました」(河合氏)

国宝「伝源頼朝像」は、足利尊氏の弟、直義だとの研究もなされている。足利尊氏像と覚えた「騎馬武者像」も、別人だった疑いが強まった。

かつては「士農工商」で教えられた江戸時代の身分制度の記載も、歴史教科書からなくなった。

武士(士)・百姓(農)・職人(工)・商人(商)という固定的身分が存在するのではなく、武士が支配階級として君臨し、その下に百姓や職人、町人がゆるやかに並列して連なっていたイメージだったようだ。
養子縁組で町人が武士になるなど、それなりの“自由”もあったという。

江戸幕府の「鎖国」も、実際は長崎や対馬、薩摩を窓口にオランダや中国などと交易していたとされるから悩ましい。

「誤解を生みやすい『鎖国』の用語について、文科省は改訂を試みましたが反対が強く、いまだに使われています」(同)

機会があれば、子や孫の教科書をめくってみると、世相の変化や新たな発見に出会えそうだ。(本誌・永井貴子)

※週刊朝日  2021年2月5日号

2: : 2021/01/31(日) 21:52:06.37
はだ色ってあんまりはだ色じゃないよね

523: : 2021/02/01(月) 07:21:10.35
>>2
それね、人にはだ色使うと赤みがうざい絵に仕上がる
はだ色を白で薄めても無理
人の肌は白抜きにアクセントで薄いはだ色や赤を乗せるくらいで

17: : 2021/01/31(日) 22:02:33.00
色はもう番号で呼ぶのがいいな。

25: : 2021/01/31(日) 22:12:05.01
士農工商って結局なんだったん?
小学生だった時の自分でも「そんなアホな!絶対農家が一番下で二番目は商人だろ!」って思ってた

48: : 2021/01/31(日) 22:28:04.18
>>25
職業差別かな(´・ω・`)

49: : 2021/01/31(日) 22:30:48.99
>>48

職業差別でなく職業区別だな。

283: : 2021/02/01(月) 01:24:04.12
>>25
年貢納させるために、農家を2番目に偉いみたいにさせたんじゃなかったっけ?

32: : 2021/01/31(日) 22:15:26.25
1192(いいくに)作ろう鎌倉幕府

101: : 2021/01/31(日) 23:28:32.38
>>32
1185(いいはこ)作ろうになってて驚いた。

414: : 2021/02/01(月) 02:54:35.96
>>101
ウソ!!、なんでや?

430: : 2021/02/01(月) 03:29:48.62
>>414
1192年は頼朝が征夷大将軍になった年
後に幕府と呼ばれるシステムは、その年に突然出来たわけではなく
理由をつけて少しずつ権限を得ていった結果のものと言える
数々の権限の中で画期と言えるのが、義経追討の為に認めさせた守護地頭の任免権
建前上全国の軍事・警察の権限を得たわけで、これが1185年

434: : 2021/02/01(月) 03:33:14.26
>>430
また変わりそうだな、それも。
徳川とて別にヨーイドンで幕府としてできあがったわけでなく、
3代だったかあたりまで不安定だったわけだし。

442: : 2021/02/01(月) 03:43:57.97
>>434
実際、1221年の承久の乱で幕府成立という説もある
後鳥羽上皇に勝って、西国と朝廷を支配下に置いたからね

461: : 2021/02/01(月) 05:26:57.48
>>430
この後、征夷大将軍になって幕府を開くのがパターンになるわけだから、将軍就任を画期とする1192でいいと思うんだよな
そりゃあ政体自体はそれ以前からあるわけだが、出先では将軍が軍政を敷いて差し支えないという権限を名目として朝廷から与えられることにより、
私的な政体から公的に追認された政体になるんだから
守護地頭の設置は実質的権限としては重要ではあるが、あくまで義経追討に必要ってだけの名目でしか無いから私的な性質が変わるわけではない

453: : 2021/02/01(月) 04:27:29.76
>>101
もうイイクニで覚えたらダメなのか

47: : 2021/01/31(日) 22:27:32.96
史学の先生から
江戸時代は明治政府による「江戸時代は最悪だった」キャンペーンでかなりねじ曲げられてしまったと教わったな
店の看板や私物に至るまでダジャレグッズで埋まってるのは暇であり、生活の余裕なんだよな

57: : 2021/01/31(日) 22:36:01.78
士農工商でムリヤリ一番下ってことにしても
結局お金持ってる商人が強くなっちゃう

67: : 2021/01/31(日) 22:43:20.81
肌色はとうの昔に無くなってると思ってたから小2の息子が「肌色のペンがほしい」と言っていた
どこで覚えたのだろう

91: : 2021/01/31(日) 23:13:10.71
はだ色って人間の肌の色のことじゃない。

木肌色

木の皮を剥いてむき出しになった生木の表面の色

102: : 2021/01/31(日) 23:28:57.32
そういう意味ではドラゴンボールは先進的だった
様々な肌の宇宙人がいて、宇宙の多様性を子供に教えてくれた

106: : 2021/01/31(日) 23:34:39.43
>>102
別に先進ではないだろ

108: : 2021/01/31(日) 23:41:05.79
てか、そもそも日本の神話から歴史を子供たちに教えたれよ

125: : 2021/01/31(日) 23:56:33.59
世の中が変化することは当たり前なので
何も驚くことはない

149: : 2021/02/01(月) 00:07:29.30
はだいろとかみずいろって文学的表現としてはアリだけど
美術教育にはまったく必要じゃないどころかむしろ先入観を持たせてマイナスだと思うわ
うすだいだいは色を色相とトーンで分析的に捉える美術的にまっとうな表現であって決してポリコレや忖度じゃない

154: : 2021/02/01(月) 00:09:17.39
>>149
それあるね
空を空色で塗り、水を水色で塗る優等生的小学生のつまらさな

175: : 2021/02/01(月) 00:17:11.51
>>149
それ凄く同意

引用元https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1612097471/