1: ひよこ ★ [CA] 2020/02/18(火) 08:59:03.91 ID:CAP_USER9
https://mainichi.jp/articles/20200217/k00/00m/040/298000c
毎日新聞2020年2月18日 07時00分(最終更新 2月18日 07時00分)

no title

傘のシェアリングサービス「アイカサ」を活用した事業の連携協定を結んだ神戸市の久元喜造市長(中央)と「Nature Innovation Group」の丸川照司代表取締役(右)ら=神戸市中央区で2020年2月17日午後2時9分、反橋希美撮影


 急な雨で傘を借りられたら……。神戸市と阪神電鉄(大阪市)は4月、傘のシェアリングサービス「アイカサ」を、ポートライナーや阪神の駅など80カ所でスタートさせる。傘は2000本を用意する。1日の利用料は70円で、使い終わったら最寄りのスポットに返す仕組み。サービスの利用者に飲食店の特典クーポンを発行し、使い捨てのビニール傘を減らす狙いもある。関西での導入は初という。

 アイカサは「Nature Innovation Group」(NIG、東京都渋谷区)が2018年12月から手がけるサービスで、現在は都内や福岡市などで約1万本が活用されている。

 神戸市と阪神電鉄、NIGが17日、連携協定を締結した。阪神電鉄が管理する大阪梅田―高速長田までの39駅やポートライナー、六甲ライナーの計18駅のほか、三宮からハーバーランド(中央区)にある店舗やビル、甲南大岡本キャンパス(東灘区)などに設置。利用者は事前にアプリをダウンロードする。傘立てスポットの二次元コードを読み取ってレンタルし、使い終わったら最寄りのスポットに返却する。

 事業期間は2年間。利用者の行動データを解析して、現在進めている三宮再整備など都心のまちづくりに役立てる。また市内の福祉作業所に傘のメンテナンスを依頼し、障害者の就労拡大も目指す。

 市は今後、フードロス対策などで新たなシェアリングサービスを導入する予定。NIGの丸川照司代表取締役(25)は「市販のビニール傘を購入せずにアイカサを利用し、そのお金を町に落としてもらえればうれしい」、久元喜造市長は「環境に優しい神戸をつくりたい」と話した。【反橋希美】

4: 名無しさん@お腹いっぱい。 [US] 2020/02/18(火) 09:12:19.86 ID:2ddTFsox0
傘無いから貸さない

7: 名無しさん@お腹いっぱい。 [US] 2020/02/18(火) 09:33:13.98 ID:oMImGmFA0
百均で買えるのに…

8: 名無しさん@お腹いっぱい。 [US] 2020/02/18(火) 09:33:45.51 ID:Y48xrqlv0
>傘は2000本を用意
さて何本残るやら

9: 名無しさん@お腹いっぱい。 [ニダ] 2020/02/18(火) 10:00:04.09 ID:rGJGQ7CD0
際どい値段だなw

13: 名無しさん@お腹いっぱい。 [US] 2020/02/18(火) 10:23:41.86 ID:IcUQtrV50
100円入れたら傘が取り出せて、好きなところで傘を返すと100円出てくるようにすれば万事解決

引用元 https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/editorialplus/1581983943/